『パート代ではお金足りない』妻がパートで稼いできたお金は、家計に入れなくてもいいのでしょうか?




妻がパートで稼いできたお金は、家計に入れなくてもいいのでしょうか?

私は土日休みなし勤務で年収400、妻はパート勤務で年収100万です。

家計は妻が管理しています。

住宅ローン、光熱費や教育費、保険料や年金、市民税などを支払うとなると、私の年収では足りません。

妻は私の年収では足りないため、健康保険料や年金、市民税を未納しています。

家には督促状が多数届いて、私は驚きました。

しかし、妻は自分のパートで得た収入を未納のものにあてようという意思はありません。

妻によると、パートで得た収入は教育費と足りない分の食費、自分のものの購入などにあてているといいます。

また、家計が厳しい家のお父さんというのはバイトをしているよと、私に対して副業の強要とも思われる発言をするのです。

このようなことは、世間一般的に普通のことなのでしょうか?

ちなみに私のお小遣いは家計からは0円なのです。結婚前に溜めていたお金をを切り崩しています。

私は自営のため休みはなく、朝9時から夜中0時頃まで働いています。

実質バイトしろということは、私に寝るなと言っているようなものです。

妻が休みの日は子どもを連れてディズニーや温泉などといろいろ出かけています。

妻は保険料も払えていないはずなのに。

回答1

健康保険や年金、市民税が未納ということは、自営業なのですね?

税金を払っていないのは一般的なことではありません。

我が家は夫の年収が330万、私の年収が80ですが、私の給料から月2万のみ家に入れています。

理由は、私が家事育児をすべてこなしてるため、夫から頑張っているから好きなもの買えばいいと言ってくれているからです。

夫の給料だけで毎月やりくりしていますが、夫は自分のお小遣いと携帯代を夜のアルバイトで稼いでいますよ。

ちなみに子供は2人います。

奥さんの家計の仕方とあなたの夜のバイトの検討はした方がいいでしょう。

我が家はノートに1円単位で購入したものや経費を書いてレシート貼ったり、家計を管理していますよ。

しかし朝9時から夜0時までの仕事ということは、あなたは家事育児をまったくしていないわけですね。

奥さんは家事や育児、足りない分の家計を稼いできてこなしてるわけなのですから、息抜きをするのは仕方ないかと思います。

自営業で稼ぎが少ないというのは自業自得でしょう。

自営業に向いていないから、それを辞めて正社員として自分のリズムを変えてしまうか、ここで頑張って自営業のやり方を変えてしまって年収1千万以上を目指すかですね。

支えてくれている奥さんを悪く言ってしまったら駄目ですよ。

しかし、説得して月2万くらいは家に入れてもらっても良いかと思います。

税金については、自営業では驚くくらい高いため、役所で相談しましょうね。

回答2

普通なわけがありません。

奥さんの収入を家に入れる以前に、まずは支払わなくてはいけないものを支払うことです。

その上で家計が足りないなどという話になるでしょう。

支払わないといけないものを支払ってから、教育費が足りない、食費が足りないなどという話になるはずですよね。

奥さんの収入は奥さんのものとするのであれば、あなたの収入はあなたのものとするべきなのではありませんか。

もともと法律上では、夫婦別財産なのです。

あなたが家計を管理して支払うものは支払い、奥さんに生活費を渡していたら、こんなことにはならなかったでしょう。

あなたが国民年金ということは、奥さんも国民年金のはずですよね。

夫婦ともに無年金で、夫婦も子どもも無保険という状態を招いてしまうのは、家計の管理者として失格ですよ。

離婚して正解でしょうね。

回答3

一般的なことではありませんね。

あなたの給料が十分で、家族のレジャーなどの貯蓄に回すのであればOKです。

ですが、支払うべき税金ですら納められないのは間違っています。

国民には納税義務があるからです。

税金を滞納してしまうと、財産の差し押さえとなります。

奥さんが自分のものを買ってしまうのではなく、保険や税金の支払いをする方が先なのです。

そしてあなたの年収が400万あるのなら、贅沢をしなければ全て払えるでしょう。

つまり、奥さんは無駄使いをしていますね。

家計が厳しいというのなら、奥さんから家計簿を見せていただきましょう。

奥さんがやっているのは、政治家と同じです。

無駄を削らずに収入を取れるところからとってしまう。

お子さんはおいくつなのでしょうか?

子共手当もあるのでしょう?

無駄使いをして家計が厳しいとお見受けいたしますから、やりくりができないのなら、奥さんが扶養から外れて沢山稼げばいいのです。

回答4

我が家でも、最初は夫がお金のことは自分がなんとかする。家のことはお願いするよ。と言っておきながら、1人目が生まれて半年も経たない間に夫の稼ぎだけでは生活していけなくなり、私に働いてくださいとお願いをしてきて、まだ母乳だったため痛い胸を我慢しながら真夜中働き続けていました。

夫はと言えば、おしっこでオムツがいっぱいになって布団まで濡れてしまっている赤ちゃんの面倒も見ずに、朝まで爆睡していて、バイトしてでも少しくらい稼いでよと何度思ったことか。

私の友人の旦那さんはバイトをしていました。

養う力がない男性が多過ぎるでしょう。

結婚をしないほうがいいかもしれませんね。

あなたの収入だけできついのに、住宅ローンもあるということは、夫婦ともに家計のバランスの見通しが甘かったのではありませんか?

家を購入するとき、あなたが主導権を握って話を進めたなどではありませんか?

奥さんが協力的ではない理由が必ずどこかにあるのだと思います。

しかしもう、あなたには今までの奥さんに対してうっぷんが溜まりに溜まってしまった状態のようですね。

おそらく奥さんの方もかなり不満があるのではないでしょうか?

離婚調停をして、裁判という方向に進めていくしかないと感じます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加