子どもの教育費に苦しんでいます。

子どもの教育費に苦しんでいます。

2人の子どもがいて、上の子は私立の大学2年生、下の子は私立の高校3年生です。

それぞれ年間300万円、100万円、合計400万円の教育費がかかっています。

ローン返済を毎月10万円払っていたのを5万円に半額にしてもらいましたが、それでも生活が苦しいです。

上の子は奨学金を借りている状態です。

私立大学に行かせたのが悪いのは分かっていますが、学部的に国立は無理だったのです。

家も4000万円かかっており、高い買い物だと思いましたが、まさか教育費にこんなにかかるとは思いもしませんでした。

大学生のお子さんが2人いらっしゃるご家庭はどのように教育費を捻出しているのでしょうか?

回答1

子どもさんの教育費のためにパートで働いてみてはどうでしょう?

派遣社員なんかもいいと思いますよ。

今の時代、扶養の範囲を超えて働いてらっしゃる奥様はたくさんいますよ。

回答2

やっぱり子どもが小さい頃からの貯金でしょう。

大学に通わせようと思ったら1人あたり500万円は必要です。

もちろん私立ならもっとかかりますので、それ以上貯めておくか、生活費から捻出できるようにしておくかしかありません。

国公立の大学はよっぽど賢いか、きちんと勉強を積み重ねてないと無理なので最初から私立大学のつもりで貯金しておくべきですね。

それでも足りなければ、奨学金か教育ローンを利用するしかないですね。

我が家は1人800万円ほどを準備していますが、子どもが2人いて大学生活が重なる友人の家では貯金と奥さんのパート収入、奨学金、ローンさらに両親に援助してもらっていますよ。

回答3

私立大学に2人も行かせられる家ってそんなにないと思います。

それができる家はよほど収入が多いと思いますよ。また、当たり前ですが、子どもが小さい時から貯金をしているかどうかですよね。

質問者様の文章を見る限り、私立大学に2人も通わせられる収入もないのに、貯金もしてこなかったとのことですよね。

身の丈に合わない生活をしてきたんでしょうね。

もう教育ローンでなんとかしのぐしかないと思いますが、果たして返済できるのでしょうか?

破綻するような気がしますよ。

家のことがよく分かりませんが、奥さんが正社員として働くことはできないのでしょうか?

収入を上げれば何とかなるかもしれませんよ。

回答4

子どもの年が4歳ほど離れている家庭が多いのは学費の為なんだなと最近思います。

我が家は2歳離れの学年でいうと3年違いです。入学が常に重なっている状態。

上の子が中学から私立に行っており、下の子は高校から私立です。家のローンもあるのでなんとかかんとかやりくりしています。

ちなみに我が家は長らく夫だけ働いてもらって一馬力でした。

うちの子は意外とたくましくて生活力もあるので、自分でできることは自分でやってもらっています。親の出費も少なくないですが…。

回答5

うちは私立大学生と専門学校生ですが、参考になれば。

学費の他に生活費などの仕送りなどをしています。2人が重なった年は年間500万円ほどかかりました。

事前に貯金しておいた分と教育ローンも利用しました。奥さんにもパートに出てもらってなんとかしのぎました。

その時に住宅ローンは借り換えして返済金額を少なくしたり、2台あった車を1台にしたり、親の私達は着る物もほとんど買わず、生活費をなるべく抑えたり。

今は子ども達も社会人になったので、ようやく老後の為の貯金ができるようになりました。

人生において、マイホーム資金、子どもの教育費、老後の貯金の確保はとても難しいのだなと実感しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加